粉体塗装(パウダーコーティング)・金属塗装のご用命は静岡県浜松市の丸成金属塗装株式会社へ

トップページ > 粉体塗装 > 粉体塗装とは

「粉体塗装」環境にも人体にもやさしいエコロジーな塗装方法。静岡県初の高性能粉体塗装設備「マジックコンパクト」を導入。

  • 粉体塗装とは
  • 粉体塗装の設備と工程
  • 粉体塗装の5つの特徴

粉体塗装(パウダーコーティング)とは

粉体塗装(パウダーコーティング)サンプル

ホームセンターなどで販売されている一般的な塗料は溶剤に顔料が溶け込んでおり、塗装後溶剤が揮発して塗膜が形成されます。これに対して顔料を直接金属に吹き付けるのが粉体塗装です。顔料の他に硬化剤や添加剤、フィラーなどが必要に応じて配合されます。「パウダーコーティング」とも呼ばれるように、塗るというより細かい粒子で金属をコートするといったイメージです。

粉体塗装イメージ

粉がどうして金属にくっつくのか?不思議に思われるかもしれませんが、それは静電気の力です。被塗物(金属)はアースされプラスの電気を帯びています。そこにマイナスの電気を与えられた粉体の塗料がくっつくのです。その後オーブンで加熱(焼き付け)されて均一な塗膜が形成されます。

粉体塗装はガードレールやスチール家具、自動車部品、エクステリア用品など、過酷な使用状況の塗装に多く利用されています。強くてしなやかな塗膜に加えて有機溶剤を使用していないことから人体にも環境にもやさしい塗装といえます。 弊社の粉体塗装設備はコチラから。


粉体塗装(パウダーコーティング)の特徴

アイコン 強い塗膜 強い塗膜
点線
粉体塗装の場合1回の塗装で40〜150ミクロンの塗膜をつくることができます。これは溶剤塗装のおよそ4〜5倍の厚みです。それに加えて塗膜自体の強度もあるので、キズに対しては非常に強い塗装といえます。さらに耐熱性、耐油性にも優れているので自動車部品などの過酷な使用にも耐えうる強い塗装といえます。
アイコン 柔軟性のある塗膜 柔軟性のある塗膜
点線
粉体塗装はキズに強い一方で、塗膜自体が柔軟であるという特徴も備えています。溶剤塗装の場合、屋外など温度差の激しい場所に長時間放置すると金属の伸縮に塗膜が対応できずにひび割れなどを起こしてしまいます。粉体塗装の場合は柔軟に伸縮するので、結果としてひび割れなどが起きにくく、塗装の寿命が長いのが特徴です。

アイコン 優れた防錆能力 優れた防錆能力
点線
もともと粉体塗装は「さび止め塗料」として普及したという歴史があります。溶剤塗装に比べ塗膜が厚く、さらにピンホールなども少ないので、粉体塗装された金属は空気に触れにくい、つまり錆びにくいという特徴があります。ガードレールやエクステリア用品など耐候性が求められる製品にも適しています。
アイコン 環境にやさしいエコ塗装 環境にやさしいエコ塗装
点線
粉体塗料は有機溶剤を全く使用しないので、中毒や火災などの塗装作業におけるリスクが低減できます。また粉体塗料は揮発することがないことに加えて塗料自体の回収も可能なので、塗料のロスが非常に少ないのも特徴です。大気汚染や汚水の問題もクリアした、環境にも生態系にもやさしいエコ塗料です。

太い仕切り線

粉体塗装について問い合わせる